カンジダ中のアルコールは控えるべき

 

カンジダという病気は、感染症であって自発的なものではないと思っている方も多いようですが、女性は特に自発的に発症する可能性が高く、誰にでも起こりうる症状です。
不衛生にしているというのもひとつの原因ではありますが、生活習慣の乱れなどが原因となる事も多くあります。

 

女性はホルモンバランスを保つのが非常に難しく、生理中であったり、睡眠不足、過度なダイエットなどあらゆる原因でバランスを崩してしまいます。
この、ホルモンバランスの崩れがカンジダを引き起こす要因となりますから、生活習慣には注意しておく必要があるでしょう。
これは予防という観点だけではなく、実際に症状が出てしまった後も、注意しなければ悪化してしまいます。

 

生活習慣全般を規則正しく保つ事も大切ですが、アルコールの過剰摂取を控える事も大切です。
アルコールはホルモンバランスを崩す原因ともありますし、肝機能を低下させてしまいます。
肝機能というものは、身体を健康に保ったり、細菌を鎮めるのにも大切なものですから、カンジダのような悪い菌についてもこの機能が低下していれば殺菌するのが難しい状態になってしまいます。
治るまではアルコールを控えるのがベストでしょう。

 

カンジダ完治への道~食べ物編

 

女性のデリケートな病気の一つのカンジダ。
「性病」と捉えられがちですが、実は免疫力が低下すると誰でもなり得る
とてもポピュラーな病気なのです。
そして一度なってしまうと癖になりやすい為、
カンジダ撃退には免疫UP、そして腸内環境を整える食べ物で体質改善をする事が一番です。
まずは第一段階で腸内環境を整える為に善玉菌を増やす事が大切です。
それに適した食べ物は乳酸菌を多く含む代表的な食品ではヨーグルト、
また、味噌など発酵食品を使って和食中心にするものおすすめです。
一つ注意したいのはヨーグルトを摂りすぎ、砂糖の過剰摂取になってしまうこと。
カンジダ菌には砂糖や甘い食べ物はあまりおすすめできないので、
もしヨーグルトを摂るならば無糖タイプが良いでしょう。酸っぱくてなかなか食べれない場合は
バナナなどよい甘みのある果物を加えると食物繊維も摂れてヨーグルトとの相乗効果で
便通も良くなり腸内環境にも尚良し、です。
ストレスを感じると甘いものをどうしても食べたくなりますが、
カンジダ菌は人工甘味料や砂糖など甘いものが大好きなので注意しましょう。
自分自身がストレスを溜めない程度にコツコツと食生活を見直すことが一番の近道です。

 

性器ヘルペスの場所!口にできるヘルペスとどう違うの?

 

性器ヘルペスはできる場所がナーバスな場所だけすので、人に話すのも病院へ行くのも少し、躊躇します。
ヘルペスには、発疹のできる場所により『口唇ヘルペス』と『性器ヘルペス』に大きく分けることができます。
口唇ヘルペスは、ウイルス1型と呼ばれ、顔の周りなど上半身できることが多くなっています。
一方、性器ヘルペスは、ウイルス2型と呼ばれ、性器や下半身できることが多くなっています。
できる位置の違いにより名称が分かれていますが、発症原因となっているウイルス型が異なっていますが、発症時の症状としては、水泡と熱を帯びること、痛みとかゆみを伴うことは共通して同じです。
が、感染経路となると、いずれもウイルスに感染すると射点では同じですが、口唇ヘルペスはウイルスの接触・飛沫感染が一般に多く、性器ヘルペスは性交渉による接触感染が一般的になっていますので、感染経路としては大きく異なってきます。
いずれにしてもヘルペスは感染すると完治せず、刺激やストレスなどにより、容易に再発することが一般的であり、再発防止と感染拡大に十分留意した生活を送ることが大切です。
感染・発症した場合には、速やかに病院で診察治療を受けることが一番の解決策になります。

 

【毛ジラミと性病の知識】扁桃腺の炎症の原因の一つは性病です

 

扁桃腺は風邪を引いたり体調が悪い時等に炎症を起こしますが、中には性病は原因で炎症を起こす事があります。クラミジアや淋病はオーラルセックスにより喉にも感染する病気です。喉に感染しても風邪のような症状や喉の奥が痛む程度なので性感染症が原因だとは気が付かない事が多く放置してしまう事が多々あります。喉に感染した性病はオーラルセックスだけではなくディープキスによっても感染する可能性もあります。そのため、周りの人に感染させないためにもすぐに治療する必要があります。喉に感染し扁桃腺の炎症の原因となる性病はクラミジアと淋病です。クラミジアも淋病も喉に感染すると喉の痛みや風邪のような症状があらわれますが、症状が長引いたり風邪の治療では症状が治まらないので長期間喉の症状が続く場合はクラミジアや淋病を疑いましょう。性感染症はこのように性器だけでなく喉や扁桃腺、全身にも症状があらわれるものもあります。陰毛に寄生する毛ジラミも場合によっては胸毛や脇毛などに寄生する事もあります。毛ジラミは感染しているのを検査せずに肉眼で確認できますが他の病気は検査を行わないとわかりません。風邪や他の病気と間違えてしまう事もあるので性感染症かもと思った場合はすぐに検査をするようにしましょう。
毛ジラミ

 

 

ルテインが身体に吸収されるとどうなるの?

 

ルテインは抗酸化成分を持つ成分です。カロテノイドと言われる物質群の一種となります。これが体に吸収されると、酸化作用を抑制するという特徴があります。具体的には、有害な光に対抗できるという特徴があります。有害な光というと、多くの人がイメージするのが紫外線ではないでしょうか。それ以外にも、最近ではブルーライトなども注目されるようになってきています。自然存在しない色々な光は、体にとって有害になるケースがあります。

 

このような有害な光に対して、ルテインはブロックする作用があると考えられています。外界の光が入ってくるところと言えば、目のレンズのところです。そして、網膜の細胞によって光は受容されます。この網膜にはいくつかのカロテノイドがありますが、その一つとしてルテインは重要な働きを持っています。光による酸化作用によって網膜の色々なところが傷つくのですが、それから守るという特徴があるのです。そのため、不足する目の疾患になりやすいと考えられています。たとえば白内障になるリスクが高まったり、黄斑変性になったりする可能性があります。ルテインが体に吸収されることによって、このようなリスクを抑えることができると考えられます。